小学生・中学生の将来なりたい職業の上位がユーチューバーだそうです。
パイロットや野球選手・サッカー選手は、大昔の話(笑)

 

インターネットの時代に入り近年のスマホの爆発的普及により、動画配信サイトの視聴回数はハンパ無いものとなっています。

 

素人が流す動画であっても、ついつい見てしまう、暇つぶしにはもってこいです。自分の趣味にあったものや商品レビューは、マイナーなものでも、多くの動画の中から自分に必要なものを選択できるのが魅力です。

 

動画撮影も、今ではスマホで簡単に最高級の画質で撮ることができます。そして誰でもYOUTUBEに投稿することが出来ます。

 

そのアップロードした動画に広告を乗せて、視聴回数で広告料を稼ぐ方法が、初心者から上級者まで、たいへん人気な稼ぎ方です。

 

また、多くの若者がYOUTUBEに投稿して、世に才能を認められ、スカウトされ表の舞台で有名になった人もたくさんいます。

 

PPAP ピコ太郎

 

PSY GANGNAM STYLE

HikakinTV

パジメ/Pajime

 

EXIT JACK

 

今後、YOUTUBEなどの映像媒体の伸びや可能性は無限です。

YOUTUBEでどれくらい稼げるのか?

YOUTUBE収益の仕組みは、基本企業広告を張り、視聴回数で収益が得られます。

 

おおよその目安は動画視聴回数×0.1円で、10万回視聴されると1万円の収入となります。

 

視聴回数が多ければ多くの人に広告が見られその回数におおじて報酬が増える仕組みです。

 

人気のある動画には、直接スポンサーから商品レビュー動画などの宣伝依頼があり、直接契約もあるそうです。

 

初めてすぐ大当たりする人もいますし、何年やっても芽が出ない人もいます、アイデアしだいで顔出ししなくても、視聴回数が爆発的な動画もあります。センスでしょうか、くだらなそうでもついつい見てしまうあきさせない動画もたくさんあります。とにかく視聴回数が増える人気動画を何本もアップし続けることです。

 

ただ、流行や時代の流れでネット動画の存在価値が下がれば、スポンサーも付かなくなり、広告単価が下がる可能性はあります。現に広告単価が下がったり、企業広告を動画に載せる条件が「チャンネルの過去 12 か月間内の総再生時間が 4,000 時間、チャンネル登録者が 1,000 人」と審査ルールも年々厳しくなって初心者がすぐに収益化出来なくなっているのも事実です。

YOUTUBE収益化の方法

  1. まずはGoogleアカウント(Gmailの製作)をYOUTUBE専用に作ります。(動画ペナルティなどのアカウント凍結に備えて常に使っているGmailとは別のもので登録しておいたほうが無難)複数のチャンネル作れますので、本気でやる人はGmailを追加し、別ジャンルのチャンネルを作り分けるのもありでしょう。
  2.  

  3. Googleアカウントを使って、YOUTUBEの視聴チャンネルに登録しましょう。
  4.  

  5. 動画製作。今やIphoneで綺麗な動画が取れる時代、とにかくアイデアを生かして、視聴回数の取れそうな人気がでそうな動画を何本も撮影しましょう
  6.  

  7. 撮った動画の編集をしましょう。PCならムービーメーカーなど、IphoneやIpadならimovieや動画編集アプリで編集します。
  8.  

  9. ダラダラと長くなく見やすくなるよう編集をする。動画時間は10分から15分がBESTのようです。フリーのBGM・文字テロップ・余分な映像のカットや早送りを入れる工夫も大事です。
  10.  

  11. YOUTUBEチャンネルに動画をアップロードする。撮影・編集した動画をどんどんアップロードしましょう。コンスタントに動画をアップして、視聴者の登録数を増やしましょう、あなたの動画ファンを増やせば、新しくアップする動画を常に見てくれる様になります。
  12.  

  13. 動画を収益化するには下記の条件をクリアしなければ権利がありません。まずは、動画をアップロードしてチャンネル登録をしてもらい、あなたのファンを作りましょう。条件をクリアすればYOUTUBEパートナープログラムに審査応募しましょう。

 

YouTube パートナー プログラムの概要
2018 年 1 月 16 日、YouTube はパートナー プログラムの新しい資格要件を発表しました。チャンネルの過去 12 か月間の総再生時間が 4,000 時間、チャンネル登録者が 1,000 人に到達すると、このプログラムに参加できるかどうかが審査されます。

 

 

YOUTUBEは健全な動画サイトです。動画内容がYOUTUBEコミュニティガイドラインに違反しているとペナルティを受けてしまい、報酬を受け取れないどころか、違法で訴えられたりと言うことも無いとはいえません。

 

アダルト動画や暴力的な動画、著作権違反の動画(TV番組・映画・音楽・コンサートや劇場の演目などフリーでないものは全てダメ)。YOUTUBEコミュニティガイドラインで動画違反のルールを勉強し、ご自身が製作したオリジナルの動画・BGMをアップロードすることを厳守してください。